それぞれの作業のメリハリを付ける

在宅で仕事をするようになってから、約3年が過ぎました。
昼間も家に居ることから、仕事と家事の両方同時進行でやったこともありました。

しかし、結局どっちつかずになってしまい、予想以上に疲れてしまいました。
スキマ時間を上手く家事に活用しようと思ったのですが、やはり一つの作業に集中してやったほうが作業効率は上がるような気がします。

そこで、今では会社に勤務していた時の同じで、仕事のある日は家事を夜だけ行うことにしました。
その分、夜の家事負担が多くなってしまいますが、食事に関する作業以外はなるべく休日にまとめて行うようにしています。

それでも自分で自由に仕事をする日や、休日を決められるので、その点は良かったと思っています。
しかし、家にいる分、仕事をしていても何かと家族に用事をあてにされてしまうこともあります。

もし、外で仕事をしていたら、こういうことはほとんどなかったと思います。
仕事をすることに関しては、在宅でも外で行うのも同じだと思っています。

そのため、仕事も家事もしっかりと休める日を設けることは大切だと感じています。
自由に時間設定ができる分、全てが曖昧になってしまうこともあります。

最初の頃は時間配分が上手くできずに、毎日夜中過ぎまで仕事をしていました。
しかし、健康的にも良くないですし、体内サイクルがおかしくなってしまいます。

そこで今ではなるべく昼間に仕事をするようにしています。
それでも終わらない時は夜にかかってしまうこともあります。

しかし、以前よりも休日を多く設けたことで、仕事と家事のメリハリが付くようになりました。
また、日曜日はしっかりと休むようにして、心身の休養とリフレッシュを最優先させるようにしています。

全てが予定通りにいくとは限りません。
しかし不都合が生じたら、それはスケジュールを見直す機会だと思っています。

どこかが無理をしていれば、それは長続きしません。
少しずつやりやすいスケジュールに変えることで、以前よりも楽に生活できるようになりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*