娘2人と映画館に行きました。

1歳と4歳の娘を連れてアンパンマンの映画を見に行きました。最寄りの映画館では8時20分上映開始の1回しか上映しておらず、早朝7時に夫の通勤車に便乗し駅まで乗せてもらいました。やればなんとか支度出来るものです。
1歳の娘は産まれて初めての電車です。お姉ちゃんの方も乗ったことはあるのですが、おそらく覚えていなかったと思います。妹の方はお姉ちゃんより乗り物に興味があります。児童館などに行くと必ず車系おもちゃを手にします。女の子もの大好きなお姉ちゃんとは少し趣味が違う様なのですが、なかなか新しいおもちゃを買ってあげられないんですよね。お姉ちゃんのがあるからまぁいいかとつい思ってしまうんです。
予想通り妹の方は電車がホームに入ってきたら大興奮でした。田舎でも通勤時間の電車はそれなりに混んでいて座れませんでした。自分達は夏休みでも、みんな暑い中お仕事頑張っているんですよね。10キロの娘を抱っこしていても誰も席を譲ってくれないものだなと思いつつ、お姉ちゃんも脚にしがみついている状態で30分踏ん張りましたよ。
アンパンマン大好きな妹はまだ無料で入れます。それなのに入場記念のオモチャは貰えました。喧嘩にならずに済むのでとても嬉しいサービスです。お姉ちゃんはそろそろ普通の2時間アニメ映画も大人しく見れるかなと思っていたのですが、1時間のアンパンマンでさえ途中飽きると通路の手摺にぶら下がったりしていたのでまだまだ赤ちゃん映画を卒業出来ないようです。
アンパンマンと一緒に踊ったり歌ったりする企画なのに、席を立って大声で歌い踊っているのはうちの娘達だけでした。普段から女の子の割にヤンチャだとは感じていましたが、どこに行っても元気100倍です。
映画をとても楽しんでくれたので早起きした甲斐がありました。
上映後、妹の方が臭うのでおしめ替えに走りました。しかし、おしめを替えられるトイレは開店する10時まで入れないと言われ、愚図る娘を連れてこのまま30分待つ訳にもいかず、普通の便器の蓋の上に立たせて頑張りましたよ。
妹はきっと全部忘れてしまうのでしょうが、お母さんが頑張った映画デビューが何か心に残ってくれると嬉しいです。来年は、姉と妹、別々の映画を見ることになるかな。いつか大きくなって一緒に洋画とか見れる日が来るのが楽しみです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*