ブラジャーは高校生から

なぜか母親から「胸ない」と言われていたわたし。そうは言ってもある習い事では全員レオタードを着るのですが、小学校上がる前にもかかわらず「つるっぺた」とか「まな板」ではなかったと記憶しています。本当にAAAカップでもブラジャーカップが余りそうな胸の先輩がたくさん居たので少し自分の胸が恥ずかしかったことを覚えています。
父親の母親も巨乳だし、母親自身も巨乳という巨乳サラブレッドなわたしが胸が無いことは無いはずなのですが、母親は頑なに「お前はブラジャー必要ない」と言い続けました。
中学生くらいになると通常ならブラジャーデビューする年頃だとは思いますが、既に巨乳の友人から貰ったサイズの全く合わないブラジャーを付けていると背中をなぞられてブラジャーをしていることを執拗にからかう級友が居たので、中学生でブラジャーはしませんでした。
高校になるとほとんどの女子がブラジャーを当たり前のように付けていましたが、母親から「お前はまな板」「ブラジャーなんて付けるほど胸はない」と言われていたため、なぜブラジャーをしないのかと親切な級友に尋ねられた時はいつも「わたし胸ないから必要ない」と答えていました。尋ねた級友はみんなびっくりしてわたしの胸を制服ごしに三度見してました。
さすがに修学旅行になった頃ようやくブラジャーを買いに行くことになり、店員に採寸して頂いたところ「Dカップですね」と言われました。そりゃ胸ないって言い張るわたしがおかしいと思われるわけです。
当時Dカップには現在のような可愛らしいデザインはとても少なかったので、必然的にオバサンのようなブラジャーをすることになりとても恥ずかしかったです。もし、中学生からしっかりブラジャーをしていれば可愛いブラジャーだったのに。
ちなみに母親も採寸してもらうと母親もDカップでした。今まで何故Bカップしかつけていなかったのに、急に2カップ上がりました。
アンダーもきちんと合わせたものを買い直したら、不自然に胸が強調されることもなくなりました。
母親の自慢なのか自虐なのかの話で「胸が大きく目立ってしまい、制服が変に浮いて見られて恥ずかしかった」「胸のない人がTシャツを着こなすのはかっこよかった」はブラジャーサイズの間違いによるものだったのかも知れません。
ところでわたしは巨乳が大好きで、胸が大きすぎて悩むなんて人の話を聞く度に「分けてくれ」と不謹慎ながら思っていまして、補正下着や着用の時のコツの積み重ねでさらに2カップアップしました。
大きい胸を隠したいなんてナンセンス!アクセサリーみたいなものです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*